太陽光発電

太陽光パネルを設置で評判の高い大辰|サービスの特徴を紹介

ソーラー発電の費用

屋根

費用の割合

住宅に太陽光のパネルを取り付けるときの費用は、1キロワットあたり40万円程度が相場になります。一般的な住宅に取り付ける太陽光のパネルが4キロワットなので、住宅に取り付けるときの費用は160万円前後が多いです。住宅以外の敷地に太陽光のパネルを設置するときには、1キロワットあたりの費用が30万円と安くなります。太陽光発電を設置するときの費用割合を見ると、パネルの設置に40%ほどの費用がかかります。太陽光のパネルは国内メーカーの方が価格が高く、海外メーカーは価格が安い傾向があります。そのため太陽光発電の費用を少しでも抑えたい場合には、海外メーカーのパネルを採用することがポイントになります。ただし国内メーカーのパネルは品質や信頼性が高いため、長期間にわたって安定した発電を行いたいときには、国内メーカーのパネルを採用しましょう。太陽光発電のパワーコンディショナーは、設備を取り付けたときの費用割合としては10%程度で、メンテナンスで交換が必要になるときには、20万円程度の費用がかかります。架台は太陽光のパネル角度を調整するために必要な設備で、1キロワットあたり5万円ほどの費用が必要になります。太陽光発電の設備にかかる費用の割合は全体の70%程度で、残りは工事費用や諸経費になります。工事費用は設備を取り付けるときの難易度によって大きく変わり、傾斜が大きかったり複雑な形状の場所に取り付けるときには、費用が高くなります。